アンカリング効果というweb心理学とは

行動心理学は、様々なシーンで応用する事が出来ます。
そのシーンの1つとして、実際に行動心理学はインターネットで用いる事も可能です。
こうしてインターネットで用いられる行動心理学は、web心理学とも呼ばれています。
インターネットをビジネスとして活用する際には、web心理学を知っておくと便利です。

 

そんなweb心理学にも、色々な種類があります。
その中でも、ビジネスに活用できるとして広く知られているのが、アンカリング効果です。
これは、最初に示された数値や情報が印象に残る事で、後の判断に影響をもたらすという効果です。
判断が最初に示された数値や情報によって縛られてしまう事を、船のいかりであるアンカーに例えて名づけられました。
船はいかりを降ろすと、特定の範囲しか動けなくなってしまうので、まさにピッタリの名前ではないでしょうか。

 

では、具体的にアンカリング効果とは、どのようなものなのでしょうか。
例えば、10,000円の商品を販売するとしましょう。
この場合、商品のクオリティ、利用価値、価格に適しているかといった事を、顧客は購入するかどうかの判断基準に用いるでしょう。

 

しかし、通常価格15,000円が今なら特別価格の10,000円と表示しているとどうでしょうか。
通常価格よりも5,000円も安くなっているので、お得感を感じる方がほとんどではないでしょうか。
実はこれこそが、アンカリング効果なのです。
最初に表示されている15,000円という金額がアンカーになる事で、お得感を生み出しているのです。

 

web心理学としては、キャンペーンを展開する際に、アンカリング効果を活用すると良いでしょう。
特に、キャンペーンで割引や値引きを行う場合は、積極的に使うべきでしょう。
また、決して使い方も難しくないので、web心理学としても使いやすいのが特徴です。
割引や値引きといったキャンペーンを行うのならば、そのキャンペーン価格の前に通常価格をアンカーとして表示するだけです。
これだけで、顧客に対してよりお得感を感じさせる事が出来るのですから、利用しない手はありません。

 

さらに、顧客に対して価格交渉を有利に進めて行きたいといった場合にも、アンカリング効果は活用できます。
何故なら、一見ありえないような数値や情報であっても、効果を発揮する事が実証されているからです。
そこで、使用する際には強い影響力を持っているという事を把握しておくようにしましょう。